入会者インタビュー第2弾「娘にぴったり合った先生を与えてくれた。」(前半)

入会者インタビュー第2弾 神奈川県・アスカさんとお母さま「娘にぴったり合った先生を与えてくれた。」 入会者インタビュー第1弾 神奈川県・アスカさんとお母さま「娘にぴったり合った先生を与えてくれた。」

インタビュー動画(完全版)を見る

実際に、≪ネクスト≫で頑張っているご家庭の声をお届けするロングインタビュー。 第2弾は、神奈川県にお住まいの中学2年生・アスカさんとお母さまにご登場いただきました。
お子さまの勉強の悩みといえば、とりあえず塾へ、というご家庭が多いのでは?
今回の主役、アスカさんもそんな1人。ところが、ある事件?がきっかけで、塾をやめることになり…。
先生との"相性"という問題を、≪ネクスト≫でどう解決したのでしょうか。お2人にじっくり語っていただきました。

無料体験学習に申し込んだきっかけは何ですか?

――まずはお母さま、無料体験学習を申し込んでいただいたきっかけ、っていうんでしょうか。
「受けてみてもいいなぁ」って思っていただいた理由、っていうのはありますか?

お母さま: ちょうど塾に通わせてたんですけど、先生とケンカをしてやめてきてしまって(苦笑)。

アスカさん: (苦笑)

お母さま: その時に、ちょうどお電話をいただいて。
「塾じゃ合わないのかな?」と思って。家庭教師―「話だけでも聞いてみようかな?」っていう感じで、受けてみたんですけど。

実際に、無料体験学習を受けてみた印象は?

――"家庭教師"に対する、元々お持ちのイメージはおありでしたか?
たとえば「人が来られるのが嫌だ」っていうことに、抵抗があるご家庭も多いですが。
無料体験学習を受けてみて、どうでしたか?

お母さま: 「堅苦しい話から始まるかな?」と思ったら、そう堅苦しい話ではなく。
楽しいお話から始まって…(お子さまの方を見る)

アスカさん: うん、中国の話とかしてたよね。

お母さま: ああー、そうだね。アイドルの話から、いろいろして(笑)。で、勉強のことを踏まえながら話して…
で、「家庭教師の先生は、好きな先生選んでいいよ」なんて言ってくれて。
「アイドルに似た先生もいるよ~」なんて(笑)、言ってくれたんですけど。
「男の人より女性の…お姉ちゃんみたいな先生がいい」ってお願いしたら、「ああ、じゃあすぐに」っていうことで。
もう安心してお願い…「じゃ、お願いします!」ってその場ですぐ。ハイ。

――てことは、お子さまもその場は、そんなに嫌がったりはせず?

お母さま: もうすぐ「やる!」って、本人が言ったんで。
「ああ、じゃやらせましょう(笑)」って。

アスカさん: (笑)

――勉強の話なんて、嫌がる子の方が多いんですが…それを意外と「やる!」って言ってくれた。

お母さま: そうですね…ハイ。

お子さまはどう変わりましたか?

――勉強に対する姿勢の変化はどうでしょう?たとえば普段、先生とはどんなふうにコミュニケーションを取られてますか?

お母さま: ちょこちょこ部屋から笑い声が聞こえてるから、「楽しそうだな」って(笑)。

――笑い声!

お母さま: 楽しそうにやってるよね(お子さまの方を見て)。

アスカさん: わかんないとこも、聞きやすい感じになってきたし、聞いたらちゃんと教えてくれるから、楽しくできてるし。
成績はまだそんなに変わらないけど(笑)、テストも上がったし、授業中も発言できるようになれたから、やれてよかったなって思ってます!

次ページでは、アスカさんの「今後の目標」や、≪ネクスト≫ならではの受験・進路指導こぼれ話などをお届けします。

伸びない、できない…勉強のお悩みを解決!無料体験学習のお申し込みはこちら 伸びない、できない…勉強のお悩みを解決!無料体験学習のお問い合わせはこちら

Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ページトップへ戻る