入会者インタビュー第1弾「少しでも、子供と過ごせる時間を作りたかった。」(後半)

入会者インタビュー第1弾 神奈川県・ナナさんとお母さま「少しでも、子供と過ごせる時間を作りたかった。」 入会者インタビュー第1弾 神奈川県・ナナさんとお母さま「少しでも、子供と過ごせる時間を作りたかった。」

インタビュー動画(完全版)を見る

無料体験学習で、先生はどんな感じで教えてくれましたか?

――じゃあ…さっそく、ナナさん。
無料体験学習の時に、どんな感じで教えてくれましたか?

ナナさん: すごく楽しそうに、勉強っていうよりは…何ていうんだろう、“相談”みたい
すごい面白く、やってくれた。

――「あ、こんなふうに教えてもらえばわかるんだ!」って感じた部分は?

ナナさん: 学校の先生は堅苦しく教えてくれるけど、無料体験学習では、すごく工夫してあるっていうか。
相手にちゃんと伝えよう!みたいな感じで、誰もがわかるように教えてくれたから、わかりやすかった。

これからの目標は?

ナナさん ――今後の具体的な目標を教えてください。

ナナさん: 2年生のテストで、平均点越して、80点台位までは行きたい!

――志望高も、具体的にどこか決まっていますか?

ナナさん: (お母さまを見て)…悩んでるんだよね、まだ。

お母さま: ホッケーの先輩たちが、ご近所に住んでいて。
その中で彼女が尊敬している先輩が、ちょっと上のレベルの高校から国立の大学へ行って…今スウェーデンに、ホッケー留学してるんです。
彼女としては、できればその先輩の後を追いたい!と思っているけど、今のままだともうちょっと厳しい(笑)。

ナナさん: (うなずく)

お母さま: 実は、そういう話もざっくばらんに、ミサキ先生にお話ししているんです。
だから具体的に「じゃあ次のテスト、あとこれ位増やそう」とか、そういう感じで。

それで最終的に、希望の所に行けたらいいかな…。
今はもう、目の前の点数をとにかく上げることだね。

始めてみて「思ってたのとはこんなに違う!」と思った部分は?

――それでは、実際に家庭教師を始めてみたご家庭だからこそのご意見を聞かせてください。
始めてみて「思ってたのとこんなに違う!」と、思った部分はありますか?

お母さま: 始めに、マンツーマンの塾に通っていたとお話ししましたが。
条件的には、先生と1対1で相対することは変わらないんですけど。
だけど、(≪ネクスト≫は)家に来ていただいているのにもかかわらず、塾よりも安価で、先生との距離感も近くて。
それが、すごくいいなと思います。

あと…ほんとに思ってたよりも、やっぱり融通がとにかく利くので(笑)。
まぁ、先生にワガママを言っている部分も多々あるんですけど。
今、普段60分で授業を受けているのを、「テスト前は90分にしてください」とか「週に1回のところを、先生のご都合が合えばもう1日増やしてください」とか…かなりワガママを言わせていただいています(笑)。

振り替えを1つするにも、塾だとなかなか都合通りにはいかなくて。
そういう経験もしてきたので、「こんなにも、塾と家庭教師って違いがあるんだ」って思って。
そこは、すごくよかったですね。

――ナナさんはどうですか?
具体的に…塾だと、宿題の計画表※2まではないところが多いんじゃない?

お母さま: (うなずきながら、)あれはすごくいいよね!こなせてるよね。

ナナさん: うん。

※2:計画表…
毎週、授業の終わりに先生から渡される課題の一覧表。計画表で決められた宿題をこなし、わからなかったところを次の授業で質問・解決。
理解度や時間、また無理なくこなせる量を先生が考えてくれるから、安心して学習できます。

――毎日の学習時間は、どう変わりましたか?

ナナさん: 勉強があんまり好きじゃなかったから、毎日勉強しなかったけど、予定表(計画表)通りの時間だけすれば終わるから、すごくやりやすいっていうか。
前よりも良くなった。…勉強する時間も増えたよね?

お母さま: うん…増えたね。少しずつ増えてってるよね、最初より。

(ちょっと、こぼれ話。)

ナナさんの家庭教師:ミサキ先生 お母さま: 最初は、初めての家庭教師の先生ですし…実は先生の方も、初めての受持ちだったみたいで。
たとえば、授業料の受け渡しひとつとっても、「どうしたらいいですか?」とか、お互いにすごく緊張しながら向き合っていたんです。

でもひとつずつ、先生が娘のことを知ってくださるようになって。
私たちも、先生のことをいろいろ聞かせてもらって…それで、娘の足りないところをわかってくださって。
最初のテストのときはここまでやったけど、それじゃ足りなかった部分を、次のテストで先生が工夫してくださったり。

そういうことも含めて、本当に細かいところまで親身になってくださっている、というところも、すごい感謝感謝です!

――先生と仲良くやれてますか?気を遣ってない?

お母さま: 勉強が終わった後、勉強とはまた違う相談事まで、いろいろ話をしているようで…(笑)。
そういうガールズトークも含めて、楽しんでいるみたいですね。

ナナさん: してるね、終わったあとね(笑)!

――すてきなお話を、どうもありがとうございました!

伸びない、できない…勉強のお悩みを解決!無料体験学習のお申し込みはこちら 伸びない、できない…勉強のお悩みを解決!無料体験学習のお問い合わせはこちら

Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ページトップへ戻る