タブレット指導

教科書の重要ポイントを詳しく解説した5教科がタブレット1台に!
いつでもどこでも学習したい時に、画面をタッチするだけで始められる新しいデジタル学習教材です。

タブレットとは?

タブレットとは、タッチパネル式の画面に指で触れて操作するパソコンです。「見る」「聞く」「書く」「動かす」五感を使って学習することができます。近年では総務省・文部科学省が学校のICT化(情報コミュニケーション技術化)に取り組んでいます。コンピュータやインターネットといったICTが多様な学習のための重要な手段として活用されるようになってきています。このようなことから、≪ネクスト≫では積極的にタブレットを導入し、学力アップをサポートしていきます。薄くて持ち運ぶこともできるため、空き時間や場所を選ばず、どこでも学習が可能です。インターネットの接続がなくても利用が可能です。

全体の流れ

(1)家庭教師との授業

家庭教師との授業をする。

(2)宿題・自宅学習

出された宿題をタブレットで確認しながら進める。わからなかったらフィードバック機能で戻って学習。

(3)家庭教師との授業

翌週、家庭教師との授業をする。

学習の進め方

フィードバック・ゴーアップ機能で目的のページを探す手間が省けて効率よく系統だてて学習することが可能です。

フィードバック…つまずき箇所に戻って復習し、学力を定着させます。
ゴーアップ…興味がある箇所を先に進んで学習し、力を伸ばしていくことができます。

指導の流れ

生徒用指導書指導書5教科の場合

1. 問題編(冊子)で問題を解く

2.答え合わせ

3.間違えた問題を要点(タブレット)で該当する要点を確認

4.要点を確認しても分からない場合はフィードバックを押して前に戻り学習。

5.フィードバック で戻った箇所を理解し再度該当箇所に戻り学習(ゴーアップ)

6.理解できたら次の問題へ進む
※要点編で次の単元に進む場合、ページをめくる。

操作方法

よくある質問







Post to Google Buzz
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ページトップへ戻る